探偵シド・アップダイク リーサルキャッシュ

地獄の沙汰も金次第。

人も、街も、殺意すらも買える。それがキャッシュ。

容疑者、全員銀行強盗。

ギャングたちを襲った悲劇を追え――本格ハイスト・ミステリー。

【ストーリー】

1980年代、アメリカ、西海岸。夏の盛りを超えた頃。

海岸沿いのモーテルに、素性の悪そうな六人組の男女が集まっていた。

彼らの視線の先にあるのは、部屋の中央に置かれた大きなベッドだ。

大人一人分の膨らみがあり、誰かがシーツに包まって眠っているように見受けられる。

「少しくらい換気をしろよ。せっかくビーチが見えるんだぞ」

全員がベッドに集中していたからか、それともその人物が気配を消すことに長けていたからか、誰もその男が現れたことに気付かなかった。

六人は身構えたが、彼らはすぐに用のある人物がやってきたことに気付く。

モノクル眼鏡をかけ、痩身で、無精ひげを擦る癖がある男――裏社会を渡り歩く“未来が視える”探偵、噂通りのふざけた風体だ、六人はまったく同じ思いを抱いていた。

「私がシド・アップダイクだ。問題が起きたと聞いてやってきたが」

六人が顔を見合わせる。

そのうちの一人が代表してシドの前に進み出てきたので、シドが訊ねる。

「カネはどこに?」

その人物がベッドに手をかけ、一気にシーツを開き「こいつが知ってる」と言い放った。

「なるほど、喋ってはくれなさそうだ」

ベッドの上にあったのは、男の死体であった――